大阪は八尾の庭屋 グリーンスペースで働く
庭師 タツミコウゾウです!!!!
1976年9月23日生まれ A型
http://www.green-space1991.com/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「スタイル先行」の庭

最近、ネットで偶然出会って

すごく感動し、影響を受けた文章がある。

「自分の位置を確かめること」という石川初さんが書かれたもので

石川さんはランドスケープアーキテクトで慶応大学で教授もされてる方です。

これは10年以上前に書かれたものみたいです。

(ちなみに同じところで書かれてる『庭とは何か』について も最高です。)

 

その「自分の位置をたしかめること」の中で

 

このような「庭の取るべき姿勢」に加えて課題になるのは、そのエコロジカルな「正しさ」という庭の性能が、空間的にどのように「結像」しうるかということでしょう。どのような手法によっても、現実の空間として庭が立ち上がるとき、それは庭の「表現」としてあらわれますし、そうした表現は「スタイル」や「テイスト」に翻訳されてしまう。ことに、下手にエコロジカルな正しさを喧伝しようとすると、庭は「スタイル先行型」になってしまいます。

 

というところがあり

なんていうか

じぶんのなかでたぶん勝手に拡大して解釈してるのですが

最近スッキリしてなかった部分が

少しだけそれがどういうところがスッキリしてなかったのかが

見えてきた気がしました。

 

なにが少しだけスッキリしたかというと

「エコロジー」とか「環境問題」みたいな目にはみえないものも

表現となり

そして伝えていくこと(伝言ゲームみたいに)で

それは

「スタイル」とか「テイスト」になるんやということです。

 

今、造園の業界でもどちらかというと

その「目に見えない」部分に注目が集まっていて

まだそれぞれが消化できてないのに

さも、わかったような人が多く(みえないのでさもわかったようにいいやすい)

いわゆる「スタイル先行」になっているのでは

というところがきっとスッキリしなかったんやなぁって。

 

それは

勉強会やワークショップ的なものの弊害というか。

みんなが同じ方向をみてる気持ち悪さというか。

 

なんでもそうやけど

流行や形を追っている人を

悪く言うのはのは簡単。

世間的にいいことをしている人が(今、いいこととされていること)

発言するのはすごく簡単。

でもそういうものって意外と疑ったほうがいいのかなって。

 

ボクは流行を追いたいし

見た目のかっこよさ、美しさで

まず勝負したいし

そこを評価されたい。

 

「目に見えない」部分は

目に見えないところで努力したらええかなって思う。

 

ボクはちょっと人より理解するまでに時間がかかるみたいで

ニブイなぁって自分自身でよく思ってしまうのですが

なんとなくずっと疑問をもつという「しつこさ」だけはあるのかなと。。。

 

「環境にやさしい」というスタイルの庭があるのかもってことがわかったことでした。

 

「もしも植木屋がじぶんの庭をつくったら。」

じぶんの家を山の中腹のもともと植木畑だったところに

建てたのが今から2年とちょっと前。

この仕事をしながら

じぶんの庭をもつということがあまり想像できてなく

一応家を配置するときにこれくらいの寸法があったらいいかなと

いうくらいの感じで庭のスペースを考えてました。

結婚すること、そして家族が増えることで

じぶんの庭づくりに対する考えみたいなものが変化したように

庭をもつことでなにか変化があったらいいなぁってイヤラシイ期待もありましたw

なんとなくいいキリな気がするので

第一弾の報告です!

じぶんの庭の話をすることは

どうしてもじぶんの家族の話になります。

家を建てたときは子供は二人だったのですが

今はめでたく三人に。

長男が8歳で小学校二年。

長女が4歳で次女が1歳半という

男一人女二人の賑やかな構成です。

ボクと嫁さんをプラスして5人家族で暮らしてます。

 

家の話はボクは素人なので

設計してくださったツキノオトの船木さん

建ててくださった藏家の居藏さん

いろいろ法的なことも含め面倒みてくださった三木ホームの三木さん

に直接聞いてみてください!

 

IMG_7048.JPG

まず最初になにをしたか。

木を植えるでも小道をつくるでもなく

デッキをつくりました。

ここにこんな形でこんな風にあったらという想像が

建築当初からありました。

庭をつくろうとおもって

まず最初にデッキをつくることが浮かんだということがボクにとっては

いい意味での衝撃でした。

 

IMG_7449.JPG

次は敷地の排水を。

これは雨水の工事ですが

できることはじぶんでです。

ぶっちゃけ大変でした(汗)

 

IMG_7349.JPG

もともとあった植木畑の残りの木が数本あるだけの庭です。

中央にあるのは

鉄作家の近藤さんの巨大な水鉢です。

とりあえず家が建ったら裏庭にもっていけないので

建築前から奥に置いといて

気づけば位置もそのままで庭のシンボルとして鎮座してます。。。

今は蓮を育てていてあと金魚がいます。

ちなみに今年はじめて一輪咲きました!

 

IMG_7903.JPG

縁あって奈良テレビに出演。家がw

 

IMG_9681.JPG

昨年の2月の庭です。

住んでみて半年くらいのこのあたりから

庭でなにがしたいとか

ここをこうしたいというイメージがやっといろいろと湧いてきました!

たまの日曜日だけしか時間はないですし

一人での作業なのでとにかく進みません。。。

 

IMG_0360.JPG

畑に眠っていた木の化石!?のベンチを据えてみました。

 

IMG_0734.JPG

なにかを観察中です。

 

IMG_0611.JPG

芝生(コウライ芝)を迷ったけど貼りました。

 

IMG_0711.JPG

リピア、ディコンドラも一緒に。

 

IMG_0441.JPG

表の庭もなかなか。。。

 

IMG_4114.JPG

木登りできる木を。これはナンキンハゼです。

 

IMG_0662.JPG

もちろんBBQも。

 

IMG_0255.JPG

キッチンから近いので片付けは楽です。

 

IMG_3354.JPG

いわゆる外飯ってやつです。

 

IMG_1588.JPG

庭でミントをちぎってアルコール抜きのモヒートってやつです。

 

IMG_0902.JPG

たぶん引っ越してから一年の写真だったと。

 

IMG_1222.JPG

水遊びもします。今年も大きなプールを購入したとのことです。

 

IMG_1305.JPG

ハンモックです。

 

IMG_1471.JPG

テントをはって庭を泊まってみました。

 

IMG_1341.JPG

たぶんお盆休みに頑張ってた写真です。。。

 

IMG_2704.JPG

今年の冬。

 

IMG_3168.JPG

 

 

 

IMG_3918.JPG

 

IMG_3922.JPG

2016の春。ちょっとなんとなく庭らしくなってきましたね!

 

IMG_4049.JPG

小さな野菜畑をつくりました。

 

IMG_4761.JPG

少しずつ収穫できてます。

自給自足とかをしたいわけではなくて

子供たちに畑で育てて食べるってことを体験してもらいたかったので。

 

IMG_4781.JPG

庭で大きくなった芭蕉の葉で。。。

 

IMG_4863.JPG

夏がくるとスプリンクラーでよく遊んでます。

IMG_4859.JPG

 

子供は元気に成長中。

またいいタイミングでブログでまとめれたらと思います!

庭をもって大変なことは
やっぱり雑草がのびるってことです。
あと一年目はよく庭にイノシシが夜中に遊びにきました。
そしてムカデですね。。。
ほんとほったらかしの紺屋の白袴ですが
少しずつ楽しみながらつくっていけたらと思っております!
とりあえずの結論ですが
たぶんじぶんの庭をもってよかったなと。
オススメですよw

 

 

 

枯れるということ。
 連続のブログupです。

これからとてもこの職業をしているものとしては
恥ずかしいことですが
とても大切だと思うので書かせていただきます。

昨日と今日は
この冬から春にかけて植栽して
枯れてしまった樹木の植替えをしました。

ボクらは樹木や植物に新しい場所を用意してあげることもできますが
命を奪ってしまうこともあります。

できる限りいい環境でのびのびと育って欲しいと願い
土壌改良や植え方そしてトラックでの移動時の養生など
細心の注意を払います。
こうした方がよいと聞いた事はとにかく実践してみます。

それでもやっぱり植えると
枯れてしまう樹木もあるんです。

いろんなことが起こるのは
最初の一年で。
それ以後はかなり落ち着きます。
その一年間は樹木に関しては枯れ補償させてもらっているのですが
じぶんたちは一本も枯れないように
その時点では完璧を目指して仕事してるつもりです。
でもやっぱり枯れてしまうんですね(汗)

結構この冬から春に植えた樹木が
枯れた割合がいつもより多く
大きな樹木が枯れたりと
ジローとふたりですごく悩んだし多少落ち込みました。
そして恥ずかしいことだけど、いろんな先輩に話を聞きました。

植物というのは
やっぱり偉大で難しく
すごく愛情をもって接しても枯れてしまうことがあるし
ほったらかしにしておいても元気に育ってることもあります。
ボクが感じるにある意味、人間との付き合いよりずっと難しいし
なんというか気まぐれです。
子育てにちょっと似てるのかもしれません。

そんな植物をたくさんつかって庭をつくるなんていうことは
やっぱり作り手にかなりのパワーがないといいものはつくれないなって。

今回の原因は
いろいろあると思います。

一番の原因は
少し弱ったときに
先回りしてその状況を判断して
適切な処置ができなかったこと。

特に落葉してる時期は特にそのサインはわかりにくいなって。

もちろんそれはすべて自分たちの責任です。

あとあらためて肌で感じたのは
植物は頑張らないということ。
人間のように弱っても根性やとかいって復活しません。
まるでじぶんが枯れて朽ちてまわりの植物の栄養分になるのを
望むかのように楚々と枯れていきます。

植物はいつも
じぶんよりはるか上にいます。

これから先、じぶんが上になれるなんて
とても思えませんが
ただその声くらいは聞けるようになるのではないか。

なかなか道は険しいですが
へこたれず
これをいい経験にしていきたいと
考えております。

むつかしいからおもしろい。
悲しいからまた喜びがある。

庭をつくるということは本当に奥が深いですね。

じぶんはまだまだパワーというか体力だけはあると
思ってますので!!



大阪八尾の庭師

GREENSPACE CO.LTD.

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 

world-architects  (イングリッシュな情報)
 
辰己兄弟 弟のジローのブログ














京都迎賓館へ。
 今日はあいにくの雨でしたが
ずっと行きたくて、やっと抽選に当たった
「京都迎賓館」へ。

入口のセキュリティチェックや本人確認
そして写真の撮影場所などが結構厳しくきっちり決められていて
さすが国賓をもてなす場所なんやなぁって感じでした。

とにかく迎賓館の印象といえば
現在の技術の結晶やなぁという感じ。
よく似た印象を唐招提寺の金堂に行ったときも感じました。

そしてこんなところでもてなすんやなぁと
各部屋部屋のそのスケール感に圧倒されてしまいました!

迎賓館のコンセプトは「庭屋一如(テイオクイチニョ)」
つまり庭と建物が一体化されている空間。
庭師にとってはとてもやりがいのあるコンセプトですね。
迎賓館の庭園工事の全体を指揮されたのは佐野藤右衛門氏
「藤の間」の雪見障子からみえる大池の庭は
今も目を閉じても浮かんでくるようなすごく印象的なものでした。
「桐の間」や「瀧の間」からみられる庭が見学できなくて
残念でした。

迎賓館は決められた場所での写真撮影はOKなのですが
ブログなどへの掲載は禁止ということで載せれません。
写真みたい人はうちの事務所に遊びにきてください!

一歩外へ出たらブログOKとのことなので・・・



大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD.  タツミコウゾウ
http://green-space1991.com



「苦楽園の家」の完成見学会へ

 先週の24日(土曜日)に
「苦楽園の庭」の完成見学会に。
建築設計は一級建築事務所エヌアールエムさんが。
造園は研究会でお世話になっている荻野寿也景観設計さんです。

荻野さんに色々その現場でのことや資料のこと散水のことなど
細かいところも含め教えていただきとても勉強になりました。
ひとつでもこれからにいかしていかねばです!
あとなにより荻野さんの現場の「におい」や「情熱」を生で感じれたことが
一番の収穫でした。













記念撮影もしてもらいました!

左から萬葉のトモユキ君、荻野さん、ボク、甲田くん (撮影ジロー)です。

あとエヌアールエムの二宮先生のコラムで荻野さんのことが書かれてますが
こんな風にボクらの仕事を建築家の方に感じてもらえる仕事がしたい。
そしてこんな風な関係を建築家さんと築いていきたいと改めて強く感じました。

本当にいい経験させていただきました。
お施主様・エヌアールエムさん・荻野さんに感謝です。

ボクもとにかくもっと色々なものをつくりたい!つくるぞ!!
パワーもいっぱいいただきました!!!

大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD.  タツミコウゾウ
http://green-space1991.com




ホスタ(ギボウシ)
 昨日完成したテラスの庭のオーナーは
ホスタ(ギボウシ)のコレクターでもあります。
昨日仕事が終わってから
いろいろな種類を勉強させていただきました。
ボクもホスタは好きでいつも植えるのですが
どうしても決まった種類のものになるので
恥ずかしながら知らないものばかりでした。
このブログに紹介してもいいと
了解をいただきましたのでオーナーのコレクションの一部を!


アースエンジェル


アトランティス


イエロースプラッシュ


オーレオマルジナータ


グアカモール


グレートエクスペクションズ


ゴールデンティアラ


ザウンズ


サガエ


サマーブリーズ


サム&サブスタンス


サンダーボルト


シェードファンファーレ


ジプシーローズ


ジューン


ジュラシックパーク


スチアフライ


スタライプテーゼ


セントポール


ダークシャドー


チェリーベリー


ノックアウト


パトリオット


パラディグム


ハルシオン


ファーストフロスト


フランシー


フランシスウィリアムス


ブリムカップ


ブルーアンブレラ


ブルーマウスイヤーズ


フレグランドブーケ


ポールズグローリー


リバーシッド


リバティ


ロイヤルスタンダード


ワイドブリム


いろんな形に色そして斑・・・奥が深いです!!!!
ボクはギボウシが春に芽が出てくるときがとても好きです。



大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD.  タツミコウゾウ
http://green-space1991.com







東京へ!!

 明日と明後日は東京へ。
早朝から車で出発です!
予定通り到着したとして
最初に渋谷で行われている
左官界の鬼才、挟土秀平氏の
「土と水陽」展

それから今回の旅の最大の目的である
庭師 安諸定男親方の
「庭師 安諸定男X画家 郡司宏 待つ土」展
その日の夕方から
親方のトークショー
そしてそのあとは
親方を囲んでの懇親会へ。

作庭界の巨匠といわれている方の話を生で聞ける機会と
日本で最も有名な左官職人さんの個展に
同時にいけるなんてなんてラッキーなんでしょう!
声をかけていただいた庭誌・豊蔵編集長には本当に感謝です。

また懇親会で全国の若い造園家さんに出会えるのも
ものすごく楽しみです。
熱い一日なりそうです!

次の日は元気やったら
根津美術館やAzumaMakotoさんとこや
ラーメン屋さんなどに行きたいなぁと・・・。

今はものすごい楽しみと緊張が同居してる感じです!
アドレナリン全開っす!!!!!

また報告しますね。ツイッターでも途中経過をつぶやくかもです。

あと弟のブログにちょくちょく最近写ってる
あのあやしいチューリップハットで仕事してるのは
ボクです・・・(笑)
今日のとかこの前のとかも・・・。


大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD.  タツミコウゾウ twitter♪
http://green-space1991.com





京都の夜。
 昨日は仕事が終わってから京都へ。
京都に取材でこられている
「庭」誌の編集長の豊蔵さんが
お会いできる機会をつくっていただき兄弟で行ってきました。
いつも読んでる「庭」の編集長と会えると思っただけで
ホントにドキドキでした。
一緒に「庭」誌の道具図鑑や作庭技術を担当されているライターの浦田さんと
京都の若い造園家の集まりである「てぼうきの会」の方達7人も。
どの方も緊張するボクらに気さくに話かけてくださって本当にうれしかったです。
京都の同年代の造園家さんと会うのははじめてで
ボクらにはわかるはずもない京都という大きな伝統をしっかり背負いながら
頑張ってるんやってことも改めて知りました。
豊蔵さんは庭に対してすごく知識と情熱をもっておられて
やっぱりこんな方が「庭」誌や作庭作法の本をつくっておられるんやなぁって。
本当に刺激的でそして楽しい夜でした。
そして、よーしまたこれからも今以上にやるぞって。
明日の庭を創っていきます!!!

こういう縁とか出会いって本当にこれから大切に大切にしていきたいです。
こういう場を作っていただいた豊蔵さんに感謝です。


みんなで記念撮影を!



大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD.    タツミコウゾウ twitter♪
http://green-space1991.com











とあるブログの庭をみて

毎日いろんなブログをみるのが楽しみである。
iPhoneのおかげで現場に行く移動中でも。
(もちろんジローが運転してくれてる時です。)

RSSに登録されているブログは
友達や知り合いの人達
同じくらいの年代の庭師さん達
(全国の熱い庭師さんたちのブログみせてもらってます。
いずれ是非お会いしたいです。)
内田樹や町山智浩などの著名な人
ハニカムとかZOZOPEOPLEの興味のある人などなど
まぁいろんな人たちのをみさせてもらってるのです。

これは今日も思ったし前からもなんとなく思ってたのですが
ライフスタイルもカッコよくすごく洗練されたいわゆる都会的な人の(死語かな)
ブログに写ってる庭(片隅や中心に)が、だいたいにおいてあまりカッコよくないのです。
部屋も家具もフィギアもオシャレなのに庭がいまいち・・・。
カッコいい・カッコよくないの基準は難しいのですが
プロのボクからみてカッコよくないんですね。
これは結構な問題じゃないのかと。
昔はその時代を表すような場所には
千利休や小堀遠州や小川治兵衛や重森三玲・・・
などの人がいて
その時代の文化・建物と一緒に庭が表現されてきました。

話はおっきくなってしまいましたが
今の時代をつくっているといわれる人たちの中に
建築家やインテリアデザイナーはいるが
庭師(ガーデンデザイナー)はいないのではないか?
つまりボクら庭師は
今のカッコイイを表現できてないのでは?
時代をつくる人たちがカッコイイと思う庭を作れてないのでは?
そういう庭師がいなければいけないと思ったのです。

今という時代の空気みたいなものを表現できる
庭があると思うし、そんな庭をつくれる庭師にならなければ!!

カッコいい人の庭がカッコよくない問題でした・・。





大阪の庭屋 
GREENSPACE CO.LTD. タツミコウゾウ
http://green-space1991.com







植木屋さんという呼称。



 庭に関する仕事をする人たちにとって
自分たちのことをどう呼ぶか?どう呼ばれたいか?
この問いは他の職業の方たちなら考えられないと思いますが
結構あちこちでそしてボク自身も考えられてる問題(?)なのです。
「植木屋さん」でいいのではという人と
植木屋さんはちょっと・・・という人もいる。
ボクはどっちかというと後者のほうの立場である。
だからこのブログの最後にもわざわざ毎回
大阪八尾の庭屋です!と書いている。
問題は植木屋さんでいいって人とその呼び方はちょっとという人との
仕事の内容がまったく同じ場合があることなんですね(笑)
少し話からそれますが
ボクらの仕事は一般の人からみて
技術の差がみえにくいという問題というのもありますね。

その話はまた今度にして話を戻しますが
先日も植栽作法という本を読んでいても
その中で全国の庭に関する仕事の方たちに
「植木屋さんという呼称について」というアンケートがあり
たくさんの人がそれについて答えておりました。
やっぱりそこでも個々ばらばらな意見・・・。

今日ある雑誌のバックナンバーをみていて
世界を股にかける京都の庭師 北山安夫氏が
その問いについて答えていた。
「作庭家は庭を設計しますが、現場には出ません。
小堀遠州や夢想国師などは作庭家です。
庭師は自分の作品としての庭を作りますが、現場にもでる。
大工でいえば棟梁ですね。
庭師の近代版が造園家。
植木屋さんも庭を作りますが、作品とは呼ばないですね。
ちなみに京都では葉刈屋さんという剪定をする職業もあります。」

すごくボクのイメージする回答に近いと思いました。
つまりボクはやっぱり「庭師」とか「造園家」と呼ばれたいし
もちろん呼ばれるようになりたい。
植木屋とか外構屋とは絶対呼ばれたくないですね・・・。
まぁイメージの問題なんですがね。
でもイメージって大切ですよね!!!!!

久しぶりに今日と明日は事務所にいます。
事務所でやらなればいけないこともたまってます(汗)
月曜日からは大阪市内で庭のリフォームが待っております。
よしやるぞ〜!!!!!

      


大阪の庭屋 GREENSPACE CO.LTD.

http://green-space1991.com