大阪は八尾の庭屋 グリーンスペースで働く
庭師 タツミコウゾウです!!!!
1976年9月23日生まれ A型
http://www.green-space1991.com/
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「街のランドマーク」

「どんな庭がつくりたいか?」

と、聞かれたら

生活とか暮らしの背景になるような

小さな住宅の庭をつくりたいって

だいたい答えてると思う。

 

ただ、ここ2-3年で

そういう住宅の庭以外に

商業施設の庭の依頼をいただくことが

ありがたいことに増えてきました。

 

ボクのイメージでは

住宅の庭は内にむかって洗練させていく感じ。

商業施設の庭は外にむかって広がっていく感じ。

 

じゃあ、そういう「商業施設ではどんな庭がつくりたいのか?」

いろいろどんな風に答えたらええんやろとなんとなくいつも考えてて

今日なんとなくこれかなって言葉が。

「街のランドマーク」になるような庭をつくりたいって。

ランドマーク。つまり目印になるようなもの。

もちろんそのお店の力はあるんやけど

さらにそこに庭そして緑があることでなんてゆーか

その街の素敵なランドマークになったらなって。

働いてる人、利用する人、毎日の通勤コースの人

たまーにそこを通る人。

みんながなんとなくわかってくれる目印。

これは願望やけど、

それがあることで街がちょっとだけ素敵になって。

そこに関わる人にちょっとだけ愛されてるような庭。

そんなものがつくれたらなって。

 

まだ3月ですが

東京や大阪でそんな庭をいくつかつくらせていただく機会がありましたので

紹介させていただきたいと。

 

まずは

ランドスケーププロダクツさんと一緒に進めさせていただいた

ラフォーレ原宿「源氏山テラス」の庭です。

場所はまぁわかるとは思いますが東京の原宿駅近くです。

ここでの庭づくりのことはいろいろ話たいことがあるので

また改めて!

DSC05472.jpg

 

DSC05459.jpg

 

DSC05423.jpg

 

DSC05425.jpg

 

DSC05466.jpg

 

DSC05494.jpg

 

DSC05479.jpg

 

DSC05481.jpg

 

「街のランドマーク」でいうと

ラフォーレ原宿から一駅くらいの歩いていけるくらいの距離に

昨年させてもらったH_BEAUTY&YOUTHがあります。

大阪でいうと中之島から梅田くらいまで歩く感じでしょうか。

(余計わかりにくいか。。。)

 

5416_2.jpg

 

5923.jpg

 

大阪では

肥後橋のオフィス街にあるHOTEL CORDIA OSAKAの1Fにある

「RUTSUBO KITCHEN」の庭づくりを。

ここはなにがうれしかったって

ホテルを設計されている関家具さんと

レストランの内装設計をされているmuuraさんの

どちらからも偶然、依頼のお話をいただいたことです。

たぶんこんな経験は最初で最後だと(笑)

_MG_9659-Edit.jpg

 

_MGM1998-Edit.jpg

 

_MGM2029-Edit.jpg

 

_MGM2040.jpg

 

_MG_9662.jpg

 

_MGM2058.jpg

design : muura

photo :Stirling Elmendorf Photography

 

あと大阪ではもうひとつ

これも街のランドマークになるような

ホステルの庭づくりを。

たぶんこれから一番変わる街、新世界から少しいったところにある

「04Village Hostel」です。
あんまり庭がない場所なので
すごく面白い空間になったと思います!
DSC05006.jpg

 

まだ2017年はじまったばかりですが

今回はこのテーマにしぼったものを紹介させていただきましたが

住宅の庭などなどいろいろ仕事をさせてもらっております。

また改めてご紹介させていただきたい思います。

以前させてもらった仕事で
街のランドマークという括りでいくと
ピースホステル三条
清水の利き酒処336
芦屋の渡辺産婦人科
アレグレの森
などなどが浮かびます。
東京、大阪、京都、奈良、兵庫
ありがたいことにいろいろと関わらせていただいております。
「NRM三部作」

一級建築士事務所エヌアールエムさんとの仕事を

昨年11、12月で三軒立て続けてにさせていただきまして

今回はNRM三部作(特に3つにつながりはありません)という形で

各物件を少しずつですが紹介させていただきます。

詳しくはエヌアールエムさんのHPで

 

エヌアールエムさんとは

ありがたいことにたくさんの物件で仕事をさせていただいておりますが

いつもどんな風に建築やお施主様の生活に関わらせてもらったら
一番いいのかを想像しながら
毎回、ボクなりに緊張感をもって庭づくりをさせてもらっております。

 

「堺の家5」

sakai5-002.jpg

 

sakai5-004.jpg

 

sakai5-010.jpg

 

sakai5-031.jpg

 

「西宮の家」

西宮の家0004.jpg

 

西宮の家0034.jpg

 

西宮の家0011.jpg

 

西宮の家0014.jpg

 

西宮の家0032.jpg

 

西宮の家0039.jpg

 

西宮の家0040.jpg

 

「寺田町の家」

寺町の家004.jpg

 

寺町の家008.jpg

 

寺田町の家027.jpg

 

写真 冨田英次

 

最後にボクらのことを書いてくださった

エヌアールエムの二宮さんのBlogです。

「初夏の庭づくり」

前に「早春の庭づくり01 02」というブログを書いたので

今回は「初夏」バージョンで。

(単にUPが遅れているというだけとも言えますが。。。)

 

01「夙川の家」

某ハウスメーカーの住宅である

この物件は外構のプロディースも含め

提案させていただきました。

施主様こだわりの和室は

土をつかった左官壁と赤松と溶岩石と苔の空間に。

 

DSC00153.JPG

 

DSC00159.JPG

 

DSC00169.JPG

 

DSC00194.JPG

 

02「京都市の物件」

設計組織DNAさんの物件。

小さなスペースですが

生活空間とお風呂から見える庭づくりでした。

植木鉢をつかって高さも。

DSC00131.JPG

 

03「京都清水の物件」

infixさん設計の

「利き酒処 336」という
京都の地酒・地ビールを
京都の盃で飲めるお店です。

 

とにかく施工中も

観光客だらけの現場でした^^;

さすが清水寺です。

DSC00245.JPG

 

DSC00244.JPG

 

04「堺市浜寺の物件」

アドヴァンス・アーキテクトさんの物件。

見学会があるということで

外構より前に庭づくりをさせていただきました。

やわらかな重なりの緑を。数年後には森になるイメージで。

 

DSC00294.JPG

 

DSC00299.JPG

 

05「大阪市住吉の物件」

力石建築工房さんの物件。

建て替える前から

大切にされている灯籠を中庭でつかわせていただきました。

写真の和室はおばあちゃんの部屋で

庭を楽しんでもらえたらなぁって想像してつくりました。

DSC00395.JPG

 

DSC00412.JPG

 

06「放出(はなてん)の物件」

地元の友人が大阪市内で某ハウスメーカーで家を建てて

庭づくりを萬葉の北谷くんとコラボという形でさせてもらいました。

限られたスペースを機能的にどう使うのか。

特注の門柱と花壇もバッチリでした!

DSC00439.JPG

 

DSC00438.JPG

 

07「箕面の物件」

東京のaoydesignさんの物件。

もともとはニワプラスのコンペでした。

まわりももともと緑の多い街ですが

素敵な建築と自然に絡みあうような

庭づくりができたのではないかなと思っております。

 

DSC02040.JPG

 

DSC02050.JPG

 

DSC02026.JPG

 

DSC02024.JPG

 

08「京都市の物件」

京都六角での庭づくり。

写真でみるとまったくわかりませんが

いわゆる京都の町家。

中庭までの搬入そして搬出がかなり大変でした。

植物以外は全部もともとあったものをガラリと組み替えました。

いい佇まいの庭ができました!

DSC02110.JPG

 

DSC02107.JPG

 

09「あしやつくる場 ワークショップ」

なかなかワークショップをする時間がないのが正直なところですが

機会があれば植物を通してふれあえたらいいなと思っております。

芦屋市立美術博物館でのすごく楽しいイベントでした!

DSC00310.JPG

 

DSC00325.JPG

この他にも

「早春」からは

ブログで紹介させてもらってる

「東京青山でのH_BEAUTY&YOUTH」や「吹田での物件

も。

 

もちろんどの物件もサッと決まるものばかりではなく

かなり前からplanしプレゼンテーションさせてもらい

打ち合わせを重ねてやっと工事の日を迎えています。

今回ここにUPさせてもらった期間は

だいたい二ヶ月間でさせてもらった仕事なんですが

庭づくり以外もこのタイミングで

年間のお手入れの消毒(基本は無農薬)で50件以上まわりながら

そのなかでボクは一週間NYに行ったりと。。。

もうこのペースで仕事をすることに慣れましたが

(慣れるどころか少しだけでも余裕ができると不安に。。。)

並べてみると我ながらGREEN SPACEよくやってるなと。

もちろんまだまだやれると思ってますので

みなさまGREEN SPACEをよろしくお願いします!!

 

 

 

 

「吹田の家」竣工写真

4月に施工させていただいた
「吹田の家」の竣工写真を
エヌアールエムさんからいただきましたので
その中から庭中心の印象的な写真を紹介させていただきます。

撮影者:冨田英二
設計者:二宮俊一郎+諸留智子/一級建築士事務所エヌアールエム

 

SUITA-001.jpg

 

SUITA-006.jpg

 

SUITA-012.jpg

 

SUITA-013.jpg

 

SUITA-017.jpg

 

SUITA-025.jpg

 

SUITA-036.jpg

 

SUITA-039.jpg

 

SUITA-044.jpg

 

エヌアールエムさんはこの「吹田の家」で

一緒にさせていただくのがなんと11件目らしく

たぶん弊社がこの形になってから一番仕事させてもらってます。

そしていつも結構な緊張感をもって

エヌアールエムさんのつくられた建築、空間に植栽をさせてもらってます。

もちろんどこも緊張して挑むのですが、前から知っていただいてると

いうのもあるかと思います。

今回も既存の石をつかったり前の家の外構が一部残ってたりと

どうしたらええかなぁ。むつかしいなぁ。って思うところがあったのですが

じぶんたちでもうまいことできたのではというお気に入りの仕上がりに。

 

 

「H_BEAUTY&YOUTH 南青山」
昨年末に突然ユナイテッドアローズさんから連絡をいただき
連絡があったその翌々日くらいに
わざわざ大阪までボクに会いに来てくださって
進行中の心斎橋店とそして南青山店の話と依頼をいただきました。

2月に先行して心斎橋店の仕事をさせていただき
東京での打ち合わせそしてプレゼンで
二回上京して先々週に約一週間泊まりこみでの施工でした。

ちなみにアローズの中でも
心斎橋店は西日本で一番売り場面積が大きな店舗で
南青山店は日本で一番大きな店舗そしてその地域に初めての出店で
しかもBEAUTY&YOUTHの新しいコンセプトの最初の店です。
かなりいつもニブいボクはなんとか無事終わった今になって思うのですが
ものすごーい大抜擢ですね(汗)

東京で仕事をすることに関して
大先輩である荻野さん
何度も仕事をされていて
お話をしてくださっていたので
迷いなく受けることができたと思います。
刺激的ですごい先輩をもつことはとても大事なことだなと。

とにかく今回は材料も多く
足らないのも大問題やしあまりに余るのもまた問題やしということで
かなり事前から段取りに時間を費やしました。
そしてなによりおもしろい材料がなかったら話にならないので
ほんとにたくさんの人の協力そして縁で
そこにも慎重に時間をかけて集めました。
そして片っ端からユナイテッドアローズのことを書かれた本を購入し
出来る限り読ませていただきました。

南青山店の最初にいただいたコンセプトは
「日本が好きな外国の人がつくった外国にある庭」という
感じのものでメインの樹木は松がいいなということ。
もともと興味があったしそれなりにアンテナをはっていた方向だったので
割りとすんなりはいっていけたと思います。
ただみたことのない組み合わせなので
頭のなかそしてジローとの会話のなかで
松とこの植物はOKでこれはNGやなということを
繰り返していきました。

余談かもですが
もともとは黒松の予定だったのですが
プレゼンのときに赤松に変更になりました。

青山近辺も時間のある限り
ぐるぐるまわって
ショップにある植栽をいろいろ時間をかけて
みせていただきました。

そこで思ったのは
園芸関係の方がたくさん庭をつくってるのが
今のトレンドやなと。
これは大阪でもそうですが青山はもっと顕著でした。
そんな中で
ボクらが同じような材料、植物をつかっても
それを造園的アプローチでつくっていくと
おもしろいものになるのではないか。
これは前から考えてチャレンジしていたことでもあるのですが
今回は店のある場所のおもしろさも含め
かなり今まで想像していたことを形にできたのではないかなと思います。

材料や植物の種類だけをみていろいろ語る人がいますが
考え方や空間づくりのアプローチが違ったらそれはまったく違う表現になります。
そこらへんが庭のおもしろさのひとつだと。

アプローチの考え方はここでは書きませんが
やっぱりたくさんの庭をみて好き嫌いだけではなくいろいろ感じて
逆にじぶんたちのやり方を客観的にみてまたいろいろ経験して
それでわかってくることだと。

DSC00002.JPG

DSC00007.JPG

DSC00018.JPG

DSC00015.JPG

DSC00019.JPG

DSC09984.JPG

DSC09997.JPG

屋上もさせていただきました。
マンパワーのローテクの作業でした。
DSC09949.JPG

DSC09960.JPG


そしてオープン前日の招待された人のみの
レセプションにもジローと行ってきました。
雨にもかかわらずものすごいおっしゃれな人だらけで
この仕事をさせてもらった反響もふくめ
うわートーキョーやなって思いました! 
田舎者ですねw
thumb_IMG_3947_1024.JPG

thumb_IMG_3958_1024.JPG

かなりのプレッシャーでしたが
ほんとにいい経験をさせていただきました。
今回はほんとにアローズの方はもちろんですが
お世話になったたくさんの方にほんと感謝です。
もっともっとおもしろい仕事をしていくことで
そのお返しができると思っております。

是非、東京の方そして東京にいかれた方は
H_BEAUTY&YOUTHに立ち寄っていただけるとうれしいです。
http://h-beautyandyouth.com



タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ
 








 
「早春の庭づくり02」
03「橿原の庭」

あまり無印の家って庭や緑のイメージがなく
あっても無印らしくないなって思ってて
じぶんだったらこうするのになぁって
ずっと脳内イメトレしていたくらい大好きな無印の家のオーナーからついに依頼があったのは一年半前でした。
樹木の高さ、形などのバランス。そして緑を通した透け具合。
外からの家の見え方。そして家からの団地を含めた見え方などもいい感じにできたと思います。
外構ももともとウッドフェンスの予定だったのですが
よく公共空間や道路でつかわれてるフェンスを無印だったらこれでしょ!
で、提案させていただきました。
かっこいいな無印の家。

DSC09531.JPG

DSC09526.JPG

04「天王寺のビルの庭」

天王寺にあるビルのリノベーションにともなう工事で建築家さんからのご依頼をいただきました。
通路と休憩スペースを兼ねた場所なので気持ちのいい空間をイメージしてつくりました。
最近なぜか都会での仕事、そしてコモンなスペースでの仕事も多いのですが
大阪や関西でも少しずつでもそういう場所が増えたらなぁって思ってます。
ボクらは緑を増やすということもありますが
質のいいかっこいい緑を増やすことが仕事だと思っております。
そろそろ量から質のフェーズになってきてると。

DSC09568.JPG

DSC09600.JPG

DSC09606.JPG

05「四條畷の庭」

この物件はお施主様から直接メールでご依頼をいただきました。
ご依頼いただいたのがちょうど9ヶ月前に。
そこから打ち合わせさせていただきplanさせていただき
ボクらの段取りが悪いせいもありこのくらいの時間がかかってしまいました。
ネットで注文したら下手したらその日にその商品が届く時代に
これだけ待っていただけることは本当にありがたいことです。
ボクらは待っただけあるなぁって仕事ももちろんですが
そのほかことも含め思っていただかなければいけません。
そうじゃないと庭をつくってよかったと思っていただけないと思います。
贅沢なことですがそのプレッシャーはなかなかなものです。
すべて特注でひとつずつですが
よかったなぁって思っていただけるような仕事を続けることが
GREEN SPACEそして庭の業界において最も大切なことです。

DSC09650.JPG

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ
「早春の庭づくり01」
3月は北加賀屋の「APartMENT」や
お庭のお手入れを年間でご契約いただいてる
約50件ほどの寒肥をまわらせてもらってまして
それと同時進行で
これから紹介させていただく庭づくり(01&02)や
遠方での打ち合わせなども含めて
もう一回しろって言われたら
できないししたくないなって感じなかなかな日々でした(汗)
 

01「西宮の家」
岐阜県の安江怜史建築設計事務所さんから
ご依頼いただきました「西宮の家」です。

閑静な住宅街にある素敵な平屋の建物で
お施主様もすごく植物が好きな方でそして理解もある方で
古い家を解体する前から打ち合わせをして
どれを残して残さないかなどいろいろ提案させていただきました。

これから樹木の葉がでてきたらまた雰囲気もかわると思いますので
またタイミングあればご紹介させていただきたいです。

DSC09264.JPG

DSC09263.JPG

8410_1157171820969323_3969285392780997626_n.jpg

02「芦屋の物件」
T-Square Design Associatesさんの
芦屋の物件です。
ここは昨年の秋にさせてもらいました
渡辺産婦人科さんとこの写真ではわからないですが
ひとつの大きな敷地でつながってまして
リノベーションした建物は小児科病院になる予定だということです。
ここは新築の隣の産婦人科とは違い
もともとある古い大きなソメイヨシノそして黒松などがあり
それらを今回思い切った手入れをさせてもらって
下草などを入れ替えたり散水工事をさせてもらったり
新たに樹木もいれさせていただきました。

西宮の物件もそうですが
もともとあるものをうまく活かすというのは
新しくつくるよりある意味難しいと思います。
なんかそういうのも最近やっとじぶんたちなりに
すごくしっくりくるものができるようになり
ジローと二人、自画自賛の辰巳兄弟でしたw

写真がいいのが撮ってなくて
またここも改めてです。

12799138_1161771373842701_2454610332623121138_n.JPG

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ
「北加賀屋 APartMENT」
住之江区の北加賀屋という場所で
8組のアーティスト・クリエイターが
集合住宅の各部屋をリノベーションするという
「APartMENT」という企画に参加させてもらいました。

2016_0324_190-001.jpg
                       (写真 Yoshiro Masuda)

もちろんですがボクの仕事は庭をつくることで
住宅のリノベーションなんてまったくの無知で
最初大阪R不動産さんから話をいただいたときは
どうしようかと思いましたがせっかくのお話ですので
させていただくことにしました。というのが昨年の夏くらいだったと記憶してます。
ずっとこの企画が心の奥深くでなんとなーく半年ずっと不安でした。
不安タスティックってやつです(笑)

なんとかオープンハウスも終わって
トークイベントも終わって
まだ借り手はみつかってませんが(汗)
少しホッとしています。もちろんまた別の不安な案件があるのですが。。。

とにかくびっくりするくらいの人がきてて
オープンハウスは200人 トークイベントも100人の方が
参加してくださったとのことです。

見に来てくださった方にも
ゆっくり話をするの時間もなく
そしてまた話できてもうまく伝えるのが難しかったので
トークイベントで話させてもらったコンセプト的なことを書かせていただきます。

2016_0324_050-001.jpg
                       (写真 Yoshiro Masuda)

2016_0324_046-001.jpg
                       (写真 Yoshiro Masuda)

今回のコンセプトというかどんな風に考えてつくったのかは大きく2つあります。
ひとつはボクらはいつも庭をつくってるのですがその庭づくりのロジックというか考え方で
この空間にアプローチしてみようと思いました。
本来ヒトは自然を遠ざけることで住まいをつくり
柵や塀をつくることで内と外を分けました。
住まいの安全が保たれた現在ではヒトは外
つまり自然をいかに住まいに近づけるのかをチャレンジし続けてるかと思います。
外でもない内でもないような空間をつくったり
ボクらもまた庭と住まいとの新しい関係性、新しい景色を探し続けています。
ちなみにもう一つ外側にある自然と庭との関係はちょっと今回は置いておきます。
北加賀屋の部屋では本来は内と外とのグレーゾーンにある縁側を部屋の中心に置いてみました。
そして縁側のある部屋を関西のマサ土をつかったタタキという工法で仕上げ
日本の住宅にあった土間というこれまたグレーゾーンな空間をつくりました。
住む方にはここまで土足でつかった欲しいなとイメージしてます。
ということでヒト、住まい、庭の距離を賃貸の部屋で変えたら
どんな見え方そして住まい方になるかなというのがひとつ目のテーマです。

もう一つのコンセプトが「見立て」というものです。
ウィキペディアでは
「何かを表現したい時に、それをそのまま描くのではなく、他の何かを示すことによって表現することである。」
つまりメタファーです。
庭の世界でも多くの「見立て」が用いられてます。
石を組んで蓬莱山に見立て宗教的な意味をもたせたり
枯山水という表現では白砂をひいて模様をつけることで砂紋というものですが
水の流れだったり海を表現したりしてます。
もっというと庭そのものを宇宙に見立ててるともよく聞く話です。
ボクらはそんな大きなものではなく
ウレタンでつくったスツールを石に見立て
石庭を部屋につくってみました。
今までダンボールで多面体をつくって同じように石に見立てて
庭をつくるみたいなインスタレーションをしてきたのですが
今回もその流れのイメージです。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが少し前にSNSで
話題になっててよくみかけてたのですが
「枯山水 新装版」というボードゲームがあるみたいで。
「枯山水 ボードゲーム」でググッてもらったらでてくると思います。
残念ながらまだゲームはしたことないのですが
このゲームはプレイヤーが禅僧になって
得をつんでもっとも美しい石庭をつくったものが勝ちという
わかるようなわからんようなアヴァンギャルドなゲームです。
この部屋も住み手や訪れた方が
2つ石スツールと3つ石の全部で5つの石を動かし配置を変えることで
誰が一番ステキな石庭をつくることができるという
なんと庭づくりゲームができるいう
たぶん日本の賃貸住宅では初であろうとても素敵な特典もついております。

あとは細かいところですが
窓をあけたらあらわれるこの庭のメインである
赤松と苔ですが
これが植わってるのはよくガソリンスタンドでみかける
タイヤの空気がはいってるか点検する水槽に植えてます。
なぜかと言われるとそこに植えたらおもしろそうだったからとしか言えませんが。
ピンときたのでこの赤いタイヤ用水槽を探しました。
ちなみに一緒についてたブリジストンのステッカーが貼るのはやめておきました。
これも含め
「見立て」というものをテーマにしてます。

あといつも素材や工法を考えるとき
経年でよくなっていくものをつかいたいと常に考えてて
土間のタタキもそうなんですが
壁の左官もマサ土で掻き落としという工法で仕上げたものや
藍染めの暖簾などなど
いろんな職人さんや作家さんとのコラボもさせてもらっております。

最後になりますが
テラス空間ではレモンやブルーベリー、ローズマリー、室内にはオリーブなど
収穫して食べられるなんとなくアーバンでエディブルな植栽にしてみてます。

IMG_3529-001.jpg

IMG_3530-001.jpg

なんどか話を聞きにいったことのある
名村造船所跡のクリエイティブセンター大阪で
壇上に立たせてもらったのもうれしかったですし
長坂常さんと同じ舞台にいれたこともものすごく光栄でした。
移動時間や空き時間にいろいろお話させてもらう機会がありましたし
一緒に写真も撮っていただきました(笑)
長坂さんの考えたみたいなものに直にふれることができて
ここでは書きませんがすごく刺激をいただきました。

最後にSpecial Thanksです。
ボクらのめちゃぶりにお付き合いくださってありがとうございました!!
奥野左官、神州加工所、上手工作所
染工房仙波、北野緑生園

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ
 
「Garden、Garden、Garden」
あっという間にってわけでもないんですが
もう2月も終盤に。
庭づくりと打合せとplanづくりの日々で
なかなかブログにまでの時間がないのと
体力が残ってなくて。。。
基本的に書くことはすごく好きな作業なのですが。
っていう感じの相変わらずの日々を過ごさせてもらっております。

今回は1月の終わりくらいから今日までにかけて
新たにつくらせていただいたお庭の紹介などを。

・ローソファー専門店「HAREM」さんの大阪ショールームの
エントランス部分の庭づくりを。
http://www.harem-shop.com

DSC08578.JPG

DSC08603.JPG12417587_1137352399617932_4702368324180457318_n.JPG

・力石建築工房さんの西宮のアトリエ。
大自然に囲まれた場所にある芝生屋根の素敵な建築です。
http://www.ag-lab.co.jp

1934795_745149545586933_7339500352197820158_n.JPG12715295_745149465586941_700954779119426804_n.JPG

・谷中幹工務店さんの和歌山田辺の物件。
大工さんの腕をいかした建物なので
それを引き立つような庭づくりを。
http://navi.nikkori-house.jp/taninakamiki/

DSC08821.JPG

DSC08783.JPG

DSC08801.JPG

・吹田市にあるカワタ製菓店の庭。
オーナーとは前職からご縁があり、今回お店をされるということで
声をかけていただき本当にうれしかったです。

吹田市昭和町6-8
営業日:日、月、火(11:00〜18:00)

DSC09158.JPG
DSC09134.JPG

DSC09139.JPG

DSC09142.JPG

・BEAUTY&YOUTH ユナイテッドアローズ心斎橋店
3月1日オープンです。
苔があって赤松あってツバキが咲いててゴムの木があって
キセログラフィカがあってウスネオイデスが
あるそんな庭です。
http://www.beautyandyouth.jp/shop/bss.html

DSC09243.JPG

DSC09203.JPG

庭づくりもさせてもらってますが
年間のお手入れをご依頼していただいてるお庭には
順番に寒肥の作業でまわらせていただいております。
窒素、リン酸、カリウム、鉄分、酸素などなどを注入中です!
12744147_1146852828667889_7127308773649598710_n.JPG

どこのお庭もほんと春が楽しみです!!

庭づくり以外では
一昨日の日曜日に
地元八尾のFMちゃおのPRIMALラジオという番組に出演させていただきました。
なんとアリオ八尾2F FMちゃおスタジオにて公開生放送でした。
何度がラジオにはださせてもらったことはあるのですが
公開生放送ははじめてだったので汗かきました。。。
でもおかげさまですごく楽しく出演させていただきました。

http://792.jp/guest/index.php

DSC09180.JPG

12729112_1149947428358429_682891056246279898_n.JPG

・お客様と紙でのコミュニケーションをしたいとつくらせてもらってる
「GREENSPACE通信」もなんとかVOL,4冬号が刷り上がってきました。
もうすぐしたら郵送させていただけると思います。
正直、時間とお金がかかるので(ネットってそういう意味ではやっぱりすごい。)
大変なんですが、楽しみに読んでくださる方の声を聞かせていただくことが結構あって
大事にしていきたいなぁって思っております。
写真 2016-02-23 12 28 05.jpg

・最後に告知です!
住之江区北加賀屋にある元社宅だった建物を8組のアーティスト・クリエイターのプロデュースによって
再生させるプロジェクトがありまして
なんとGREENSPACEがその一組に。
もちろん部屋をリノベーションなんてしたことないです。
昨年から準備をすすめつつ、いろんな人の智恵を借りお世話になりながら
まさに今完成を目指しております。
メンバーみたらわかりますが、、、ほんと豪華過ぎですよね。
http://www.realosakaestate.jp/column/topics/kitakagaya/02/

ラジオにださせてもらったりイベントに呼んでもらったり
積極的にできるだけおもしろそうだなと思ったものは
参加させてもらっております。
ボクらもそうだったのですが
これからこの仕事をしようと思ってる人や今、やってる人が
少しでも可能性がひろがるような発想をもてるじぶんたちであれたらなと
最近思います。
植木屋でも植木屋の息子でもこんなおもしろいことができるんやって
こんな人から依頼がくるんやって
思ってもらいたい。
ボクもそんなたくさんの先輩にあって話してもらって
刺激をいただいてきたので。
それもじぶんのできることのひとつなのかなって。
話がしたいって人がいたら事務所まで遊びにきてくれても。
(ただしアポはとってくださいね。。。)

これから春にかけても
すごく楽しみな案件が目白押しでたくさん進行中です。
また報告できたらと思います。

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ
 
「芦屋・産婦人科の庭」
今週一週間は
T-Squere Design Associatesさん
芦屋の渡辺産婦人科の庭づくりをさせていただきました。

ここはいつも通る道沿いにあるので
工事する前からおしゃれな建物ができたなぁって思ってました。
まさかそこの庭をさせてもらえると思ってなかったので
ご依頼いただいた時はすごく興奮しました。
と、言いつつもご依頼いただいてから
かなり待っていただきご迷惑をおかけしてしまいました。

ちょっと後半、天気が悪く
ゆっくり写真がとれなかったので
またあらためてupさせてもらえたらなぁって思います。

DSC07200.JPG

DSC07177.JPG

DSC07207.JPG

建物の高さが結構あるのですが
その割にあまり植栽スペースがひろくないという問題がありましたが
ものすごーく狭いところにも出来る限り植栽をしました。
そして可能な限り背の高い樹木を選びました。

産婦人科という場所も想像して
実がなったり花が咲いたり紅葉したり
いろいろ四季を通じて楽しんでいただける庭になったらいいなと。

あと緑の多い
芦屋という町と
歴史ある渡辺産婦人科さんに
うまく馴染んでくれたらなぁって。

植栽のスペースも多かったですし
車も人もかなり通行量も多い場所で
トラックを常にとめておけなかったりということもあったし
自動散水の工事まで含め
この人数でこの時間でできたことは
段取りも含めかなりいい集中で
楽しく仕事をさせていただけたなぁって思っております。

これから長いお付き合いをさせていただきたい庭が
またひとつできました!


ワークショップの告知です!!

11月28日は
イイニワの日ってことで
ニワプラスメンバーで
縁活にて「ニワプラスなクリスマスオーナメント作り」を
是非ハルカスまで遊びに来てください〜。
http://en-katsu.info/2015/10/ニワプラスなクリスマス-オーナメント作り/

で、次の日の
11月29日はGREENSPACEとして
シンキロウデパートで苔玉のワークショップを担当させていただきます。
ほかにもたくさんのクリエイターさんがたくさん出品されてますよ〜。
http://shinkiroudepart.wix.com/1129

もうひとつ!

12月13日の八尾市プリズムホールでの
苔玉ワークショップまであと一ヶ月となりました。
http://prismhall.jp/event/2635.html

おかげさまで今のところ35名の申し込みをいただいております。
(定員は各回10名の50名です。)

今日時点での空きの情報を。参考にしていただければと思います。
13:00〜13:45  満員
13:45〜14:30  残り3人
14:30〜15:15  残り5人
15:15〜16:00  残り5人
16:00〜16:45  残り2人

迷ってる方はお早めにお願いしま〜す。

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ