大阪は八尾の庭屋 グリーンスペースで働く
庭師 タツミコウゾウです!!!!
1976年9月23日生まれ A型
http://www.green-space1991.com/
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「庭的アティチュード」 | main | 「園芸と造園のあいだ」 >>
「お盆に、思う」

なんか今、感じてることを

書いてみたいなぁって思って

あまりなにも考えずに書きはじめてみます。

 

今日はからGREEN SPACEもお盆休みで

ほんとは日曜日から日曜日までの8日間とれたらなぁって思ってたのですが

前後1日ずつ少なくなって

今日14日から19日までの6日間に。

 

家族は今朝から島根に帰省。

ボクはいつも通りほったらかしの自分の家の庭を。

今年は時間的にボチボチ進めてるアプローチのレンガ工事の時間がとれそうになく

今日と明日で伸び放題の草刈りを。

 

 

初日の今日は

朝起きて

草刈って

読書しながら風呂入って

洗濯して

実家でお昼を食べて

いつもより少しゆっくり昼寝をして

草刈って

アイス食って

暗くなる手前まで草刈って

読書しながら風呂入って

洗濯して(今はここ)
実家で夜ご飯を食べて
たぶん
映画をみてるか読書してる途中で眠くなって
寝るんでしょうね。。。
話は変わりまして
最近よく
たぶんいろんな人に話を聞いてもらったり
SNSとかでも書いてるかもですが
このままいったらなんとなくやけど
普通のちゃんと会社になってしまうなという危機感をいだいてます。
あくまでなんとなくで
あと普通のちゃんとしたものがなんなのかも説明しにくいですが
ボクの中でのイメージです。。
もう一度、ボクはいったいどんなふうなことを描きながら
ここまでやってきたのかを考える時期なんかなと。
なんていうかこの資本主義社会での成長を疑うというか
そこにそんなにコミットしたくないなって。
そこに幸せやおもしろさやボクの求めてるものってないのではないかって。
だからというわけではないですが
金髪にしてみたり
短パンで打ち合わせに行ったり
ビーサンで打ち合わせに行ったり
わりと自由にさせてもらってます。
でも毎日、日経新聞も読んでます(笑)
そう、こないだその日経新聞に
ボクらもお付き合いのある
ユナイテッドアローズの時価総額が1000億円を割ったと。
その逆にzozotownの時価総額が一兆円を突破したという
記事があった。
モノを作る人よりセレクトショップが。
そして店舗をもつセレクトショップよりネット販売が。
当たり前だけど
水が高いところから低いところへ流れるように
人は便利なほうに流れる。
zozotownを利用するし
AmazonもASKULも使う。
そこを否定してもしょーがない。
残念ながら流れには勝てない。
だからでもないのだけど
普通のちゃんとしたはちょっと怪しいのだ。
お店が繁盛して
ちょっと前より広くしてみましたとか
綺麗にリフォームしてみましたとかが
とたんに魅力がなくなってしまうことがある。
なんていうか
いかに客観的な視点をもってるか
いかにじぶんに正直か。
さじ加減ひとつですごく変わる時期な気がします。
って話でした。
庭づくりに関しては
もっともっとストイックに。
ここに関しては
もっともっと先があって
今はその途中だと思ってる。
だからって今つくらせてもらってるものが
中途半端とかいう意味ではなくて。
なんとなくテーマは
MIX、サンプリング、文脈。
興味があるのはそのあたりのこと。
「メタファー、見立てから
置き換え、サンプリングに。」
なんかそんな庭づくりがこれからをつくっていく気がします。
多作であることは今は大事だと思うし
写真でつくったものを公開することも大事だ。
「今日、あらゆるものは写真になるために存在する」とは
スーザン・ソンタグが写真論の中で言った言葉だが
もしかして庭もこのインターネット時代、アフターインターネット時代は
そうなのかもしれない。
もちろん言葉もまた重要。
ボクの頭の中のように
あっちこっちに。。。でした。
まぁお休みなんでおゆるしを。
興味ある人はまたどこかでゆっくり話しましょう!!
そして明日もボクは草を刈るでしょう(汗)

 

 

 

COMMENT