大阪は八尾の庭屋 グリーンスペースで働く
庭師 タツミコウゾウです!!!!
1976年9月23日生まれ A型
http://www.green-space1991.com/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「2014仕事はじめ」 | main | 「ギブとフラット」 >>
「庭考」
休みの間にいろいろ考えてたと昨日書きましたが
まだまったくなにも見えてないですが
こんなことを考えた!というひとつを。

インテリアと言うのが正しいのか
室内空間と言ってらいいのかわからないのですが
例えばひとつの空間のなかに
ミッドセンチュリーの家具があったり
李朝の焼き物が置いてあり
アフリカのお面があり
民藝があったり
現代アートがあったり
焼き物があったりそば猪口があったり編んだカゴがあったり
最新の電化製品があったり
そのとなりに作家さんのてづくりのものがあったり

なにが言いたいのかというと
室内空間はかなり自由に
時代や国とか素材とかいろんなものがごちゃまぜになっていて
デザイナーやオーナーは
そのなかでひとつのセンスみたいなものでその空間をつくっていく。

庭の世界はまだまだ
固定観念がたくさんあって
自由ではないのではと。

逆に考えるとそこが重要ということも言えるが

ボクはもっと自由なものをつくりたいなって。

なんかそういうのを
それを飛び越えたものをつくりたいなって。
そうするには
庭しかみてなかったらダメだし
ちゃんと庭をみてなくてもダメだ。

「なんで?」と聞かれて
答えられることももちろん大事だけど
答えなんてないものをいいんちゃうかなぁって。
言葉にはできなくてもいいものはあると。

じぶんの中では
一昨年につくらせてもらった
「宝塚の庭
のような感覚のものをつくれたらなって。

1467314_599925453376107_834201330_n.jpg

あそこは
昔からある工法の土塀をつくって
その土塀の笠はあえて鉄板で
日本の山の
やわらかい雑木を植え
下草もできるだけ斑入り種などはつかわず緑の葉を中心にしたなかで
シルバーの南米の植物のアガベ・フランゾシニーを。
小さな川が流れてて縁側があって
柳宗理のエレファントスツールがある。

混ぜること、混ぜ方に意味があると思う。
今まで嫌というほどつかわれてきたもの
まったくつかわれてこなかったものを
「今」という時代にもう一度チューニングしなおして
もっと感覚を自由にして庭づくりをしていけたらな。

それとは別に
じぶんの中ではいろいろ迷いがあったのですが
「ポップさ」っていうのも
やっぱり大事にしていかなければいけないなぁってことも
感じたのですがそれはまた別の機会にします。。。。



告知です!!
メビックさんのクリエイティブサロンにて

1/21(火)19:30〜
「ニワプラスなおはなし」というタイトルで
ニワプラス主宰の三人でお話をさせていただけることになりました。
定員が15名と少人数になっておりますので
ご興味ある人はお早めに申し込んでいただけるとうれしいです!
http://www.mebic.com/event/4411.html(詳細はここで)

タツミコウゾウ twitter♪ Facebook♪ 
world-architects  (イングリッシュな情報)
辰己兄弟 弟のジローのブログ












 
読んで凄く共感して私自身の整理させて貰えました。「言葉にできなくてもいいものはある。」自分の中の靄がフッと晴れたような気がしました!
トモシゲ | 2014/01/10 08:30
庭の機能として最も基本的なところさえ押さえておけば、外空間は内空間よりもっと自由であっていいはず。
古い固定概念ゆえに、庭は一時女性に嫌われた。庭に花が入り始めて、庭が女性に注目され出した。庭に火を取り込むと(たとえば炉)また違う用途も出てくる。植栽材料にしても、その組み合わせは無限にある。音楽が五線紙の上で自由自在であるように、庭も自由自在であってよいと思う。
さてどう挑戦するか、意欲も勇気もいるけれど、それだけの価値はある。失敗すれば、笑ってやり変えればよいのではないか!
武部正俊 | 2014/01/10 12:08
トモシゲさん
コメントありがとうございます。
ボクもまだまだ迷いのなかですが、でもそんなふうに思ったのです^^;
晴れて曇っての繰り返しですね。。。(笑)
タツミコウゾウ | 2014/01/10 19:50
武部さん
コメントありがとうございます。光栄です。
武部さんがおっしゃられるとより自由で無限に広がっていく感じがします。
意欲、勇気、開き直りですね!! 
今年もしっかりとじぶんなりに挑戦していきたいと思います。

タツミコウゾウ | 2014/01/10 19:54
COMMENT